八幡社への奉納絵馬


紺屋町の八幡社に掲げられている一対の大絵馬(102cm×160cm)。滝を背景にしての岩頭の黒鷹(普通の色)と松の枝上の白鷹を、1羽ずつ描いている。2面ともに、金箔を地に押した豪華な作品である。
 いずれも表に「奉掛御宝前 貞享五戊辰年五月吉辰」の墨書銘があり、裏面には「絵鷹二枚之内 雪舟末葉長谷川等栄信舟筆」とある。
 作者長谷川等栄は、その名より、雪舟を画系の祖と仰いだ長谷川等伯の起こした長谷川派の一画家であったとみられる。また『改選仙石家譜』に「(貞享4年10月)二十六日、画工長谷川等栄を招て俸米五拾石五人扶持を与ふ」とあり、仙石家御抱えの絵師であったことが知られる。この絵馬には奉納者名はないが、これより、時の上田藩主仙石政明の奉納と考えて間違いないであろう。また貞享5年(1688)奉納というこの絵馬は、上田小県地方に残る最古の絵馬ではないかともみられ、その点においても貴重資料といえる。

 鷹の絵の奉納ということについては、鷹狩による獲物を、御贄〔おにえ〕として神前に供することがなされたところからのものか、と考えられる。白鷹については、鎌倉末期の『白鷹記』という記録があり、信濃国の住人称津神平(本拠地東部町祢津)が、それを見る人誰をも驚かす大変優秀な白鷹を朝廷に献上したと記している。仙石氏は鷹匠を家臣として抱えており、鷹匠町という町名もあることとあわせて、興味のあるところでもある。
 この八幡社は上田城の鬼門(北東)の方角に位置し、その守護神として代々の城主の崇敬があつく、社殿の造営・修理等は藩費でまかなわれている。特に仙石政明は、自らしばしば参拝し、貞享3年には同社(および大宮社も)の玉垣を造らせている(改選仙石家譜)。
(上田市紺屋町 八幡神社蔵)