染屋焼コレクション(博物館)


種別 国 重要有形民俗文化財
指定 昭和39年5月29日
所在地 上田市立博物館
所有者 上田市

  染屋焼は水がめ・つぼ・鉢など実用のための焼きもので、見かけからがっちりとして全体に厚く丈夫そうに見え、大変重いことが大きな特徴といわれています。これは、神科たんぼや上沖と呼ばれる土地の粘土を材料にして、鉄砲窯〔かまど〕(傾斜地に吹出口を上に筒型に築いた窯)で、松薪〔まき〕を燃料として千二百度から千三百度の高温を加え、二、三日入念に強く焼きしめたものです。
鉄分の多い耐火性の低い土のため、薄いものや小さいものでは焼成中に崩れたりゆがんでしまうので、大きなかめの類など厚手のものが焼かれ、全体として厚ぼったく田舎くさい素朴な造りに上がっています。

民俗>焼物
Back
   しかも、その製法の過程では、原料粘土をよくこねて長く棒状に伸ばし、輪の形に巻きながら積み上げ、竹べらで形を整えていく「ヒモツクリ」という原初的な工法が用いられました。また、焼成中に原料粘土の鉄分が溶け出し、窯内の燃料の松の灰がふりかかり、ともに自然の上薬〔うわぐすり〕の作用をして、一層独特の色彩と光沢を持って、何ともいえない深味のある作品に仕上がっています。
その製作年代は、常滑〔とこなめ〕(愛知県)から職人が入って技術指導
をしたと伝える江戸中期以降明治中期にわたり、地元の西沢一門を中心に受け継がれてきました。その後、今までの鉄砲窯を登り窯(階段式に築き下から上に焼き上げるもの)に変えて量産に努め、道路や鉄道線路の排水土管の製造を広めるようになって、染屋焼とは異なるものになりました。交通の発達で、有名産地の瀬戸・常滑からの大量移入に圧迫されて衰退をたどり、昭和初期には窯を閉じました。
この上田地方は水便が悪く、水の確保に難儀をした所なので、染屋焼の中では水がめの需要が高く、最も多く焼かれたものです。このように、染屋
焼の製品の大方は庶民の暮しを支えたもので、この博物館には、大小のかめ・つぼ四六点、すり鉢・金魚鉢の類一二点、灯ろう・流しなど八点を合わせた六六点が収納されています。いずれも、時代の特色を示すものとして大変
貴重なコレクションになっております。