花岡塗の陣笠


花岡塗とは上田藩主松平家に塗師(藩工)として召し抱えられていた花岡氏により、江戸後期から明治初年にかけて作成された漆器をいう。
  これは松平家の五三(ごさん)の桐紋を散らした花岡塗の陣笠。金箔をふんだんに使い、色も黄・緑・赤・茶・黒を塗り、それを正確に研ぎ上げて細かい紋様も表しており、花岡塗りの一級資料とも言うべきもの。陣笠というと、黒の地に紋所を一つか三つ描くというように、おおよその形式があるのだが、そんな常識は意に介せず、殿様の紋章を単なる模様として、しつこいまでに散らし、しかも全く統一性がないようでいて、全体としては調和よくまとまるように構成されている。花岡塗の本領がよく発揮されている作品と言えるもの。

民俗>花岡塗
Back