文化財の詳細情報

真田氏館跡

地元では御屋敷とよび、小字も御屋敷となっている。

館跡は四周に土塁を廻らしており、東西150mから160m、南北およそ130mのやや台形の敷地で、東が高く、西に緩やかな傾斜をしている。周囲の土塁は東側が特に高く、現在4mから5mあり、東南の隅を欠いている。南側には大手があり、枡形も残る。北西の隅は低地になっていて、これを厩屋(うまや)跡とよんでいる。

真田氏の居館は、角間・甲石等にもあったとされるが、遺構の現存しているものはこのお屋敷以外になく、中世豪族の館跡として貴重である。

県史跡 史跡
昭和42・10・23
所在地
真田町本原 御屋敷
所有者
 
永禄年間

文化財の写真(クリックで拡大します)

文化財の写真文化財の写真文化財の写真文化財の写真

パノラマムービー

Apple QuickTime Playerがインストールされている環境では、上下左右360度のパノラマムービーをご覧になれます。一般には公開されていない建造物の内部なども見ることができますので、ぜひQuickTime Playerをインストールして、貴重なパノラマ映像をお楽しみ下さい。

QuickTime Playerのダウンロード